メニュー

つめ物・被せ物の種類

インレー(詰め物)

インレーとは、部分的なむし歯の場合にむし歯の部分を削り取り、その部分に詰める人工の詰め物を指します。

保険適用インレー(メタルインレー)

保険適用(メタルインレー)

主に奥歯の詰め物として使用される銀色の金属の詰め物です。金銀パラジウム合金を使用しており、金12%銀40%パラジウム20%の割合の非貴金属です。

メリット

  • 安価
  • 金属のため強度が強い

デメリット

  • 酸化し、腐食し、錆びやすい(成分に非貴金属の銀が含まれているため)
  • 金属アレルギーを引き起こすリスクあり
  • 歯肉に沈着し、黒く変色することがある
  • 審美性に劣る(金属色のため)
  • 歯が割れることがある(金属の硬さが歯より硬いため)
値段 保険に準ずる

ゴールドインレー

ゴールドインレー

主に奥歯の詰め物として使用される金色の金属の詰め物です。主成分に貴金属の金を使用している金合金です。

メリット

  • 錆びにくい(貴金属のため物性が安定しているため)
  • 金属アレルギーになりにくい
  • 歯肉が変色しにくい
  • 二次むし歯になりにくい
  • 歯が割れにくい(保険の金属よりも柔らかく、硬すぎないため強度もある)

デメリット

  • 保険適用外
  • 審美性に劣る
  • 擦り減りやすい(デメリットでもあるがメリットでもある)
値段 40,000円

 

ハイブリッドインレー

ハイブリッドインレー(グラディアインレー)

見た目が白く元の歯の色を再現できます。ハイブリッドとはセラミック(陶材)の粒子成分をレジン(プラスチック)に混ぜた白い詰め物です。

メリット

  • 見た目が白い
  • 金属アレルギーはない
  • 歯肉の変色なし
  • 硬すぎないため歯に負担をかけない
  • 二次むし歯になりにくい

デメリット

  • 保険適用外
  • 多少変色する(経時的に)
  • 擦り減りやすい(デメリットでもあるがメリットでもある)
値段 30,000円

 

セラミックインレー

セラミックインレー

メリット

  • 最も見た目が白く、透明感を出せる
  • 変色しない
  • 金属アレルギーなし
  • 歯肉の変色なし
  • 二次むし歯になりにくい

デメリット

  • 保険適用外
  • 割れやすい
  • 厚みが必要なので歯を削る量が金属と比べると多い
値段 60,000円

 

クラウン(被せ物)

比較的大きいむし歯や、根の治療などで歯を削った後に被せる人工の歯。

1.保険クラウン

前歯(前装冠)

保険クラウン保険クラウン

中身は金属(金銀パラジウム合金)で裏打ちされていて、表面に硬質レジン(プラスチック)を貼り付けているクラウン。

メリット
  • 保険適用
  • 見た目が歯に似ている
デメリット
  • 汚れがつきやすい
  • 変色しやすい(プラスチックが水を吸収する性質のため膨張し、黄ばみがかった色になる)
  • 裏側から金属が見える
  • 保険範囲は前歯・犬歯のみ(奥歯は保険適用外)

奥歯:銀歯(メタルクラウン)

メタルクラウン

被せ物すべてが銀色の人工の歯でできている。非貴金属の金銀パラジウム合金を使用しており、金12%銀40%パラジウム20%の割合で含まれている。

メリット
  • インレーと同じ
デメリット
  • インレーと同じ
    ※歯が割れやすいことは除く
値段 保険に準ずる

 

2.ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

すべてが金色の被せ物。成分に貴金属を使用している金合金。歯に優しい金属です。

メリット
  • ゴールドインレーと同じ
デメリット
  • ゴールドインレーと同じ
値段 小臼歯45,000円,大臼歯50,000円

3.メタルボンド(セラミッククラウン)(陶材焼付鋳造冠)

中身は金の含有量が高いプレシャスメタル(金77%プラチナ12%)で裏打ちされ表面にセラミック(陶材)を焼き付けて作った人工の歯の被せ物です。

メリット
  • 見た目が良く、色味が数段階にも出せる
  • 金属アレルギーになりづらい(中身の金属にプレシャスメタルを使用しているため)
  • 歯肉の変色なし
デメリット
  • 保険適用外
  • 割れやすい
  • 色調はオールセラミックに劣る
値段 80,000円

4.ハイブリッドセラミッククラウン

中身が金属(金合金)で裏打ちされ表面にセラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料を貼り付けた人工の被せ物。

メリット
  • ハイブリッドインレーと同じ
デメリット
  • ハイブリッドインレーと同じ
値段 前歯,小臼歯30,000円,大臼歯40,000円

5.オールセラミッククラウン

中に金属の裏打ちがなくすべてセラミックで出来た人工の被せ物。色調は透明感と段階の色味が出せるので、審美的。
※土台から白くした方が綺麗にできます。

メリット
  • 金属を使用していないので白さの透明感が最も出せる
  • セラミッククラウンと同じ
デメリット
  • セラミッククラウンと同じ

 

値段 100,000円

5.e-max

中に金属の裏打ちがなくすべてセラミックで出来た人工の被せ物。前歯に使われることが多く色調は透明感と段階の色味が出せるので、審美的。
※土台から白くした方が綺麗にできます。

メリット
  • 金属を使用していないので白さの透明感が最も出せる
  • セラミッククラウンと同じ
デメリット
  • セラミッククラウンと同じ

 

値段 100,000円

 

 

コア

根の治療をした際に土台を立てて被せ物をします。その土台のことをコアと言います。

1.保険コア

素材は銀合金を使用している保険適応のコア

メタルコアメタルコア
メリット
  • 保険適用
デメリット
  • 酸化、腐食する
  • 金属アレルギーのリスクあり
  • 歯根が割れる可能性が高い(くさび効果)
  • オールセラミッククラウンには不適

※歯根が割れると、割れ方や範囲などにより歯を抜かなければならないこともあります。

値段 保険に準ずる

2.ファイバーコア

ガラス繊維強化樹脂とプラスチックで出来ています。

ファイバーコアファイバーコア
メリット
  • 歯根が割れにくい(弾力があり、しなるため、金合金コアより優れる)
  • オールセラミッククラウンとの組み合わせが効果的
デメリット
  • 保険適用外

 

値段 5,000円

 

 
 
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME